ブログ

2010年04月

おしゃれなカーボンオフセット付ワンピース

「これ、カーボンオフセット付のワンピースなんです〜」とMちゃん。「えー、おしゃれ〜」と一同大盛り上がり。「おしゃれ〜」の意味は2つあって、そんな買い物をしたMちゃんをおしゃれだとほめたのと、おしゃれなワンピースをほめたのである。聞くと、エコ商品を扱うお店ではなく、普通のショップ(イトキンのブランドの一つ)で買ったとのこと。

null
カーボンオフセット付ワンピ

カーボンオフセット(Carbon Offset)とは、わたしたちの生活や企業の生産活動などで排出されたCO2などの温室効果ガスを、植林や自然エネルギー事業などで実現した排出削減量や吸収量を購入して、埋め合わせること(打ち消すこと=Offset)。オフセットの方法にはいくつかあるが、このワンピースのようなカーボンオフセット付商品を購入することでもできる。カーボンオフセット付年賀状が有名である。

調べてみると、ファッション業界が取り組む”Fashion Earth Project"の一環で販売されている商品の一つで、1アイテム買うことで1kgのCO2が削減されるとのこと。
カーボンオフセット付年賀状は、55円で販売されていて、通常の年賀状50円との差額5円分がオフセットのために使われているが、このプロジェクトの商品は、オフセット分の上乗せはせず、メーカーの協力で通常価格で売られているそうだ。

最近読んだ本「エコとおしゃれって両立するの?」のタイトルにもあるとおり、エコとおしゃれはなかなか両立することが難しいが、このワンピースなら文句なく「両立」している。

環境や省エネへの意識は人それぞれ、実際に行動しているかもそれぞれである。いろいろな人たちを巻き込むために、それが「おしゃれ」かどうかは重要な要素。

ちなみにMちゃんはとても意識が高く、ランチをするときもマイ箸持参。この前のブログで書いたカーボンフットプリント付ウィンナーを買ってきてくれたのもMちゃんである。

廃油で走るいすみ鉄道に乗る

null
桜と菜の花に囲まれて走るいすみ鉄道

いすみ鉄道に乗って、千葉県の大多喜へ桜と菜の花を見に行った。

いすみ鉄道は、公募により就任した社長の元、赤字を解消しようと、グッズを販売したり、ムーミン列車の運行などで頑張っている。
3月には、全国初の運転士訓練生を公募。訓練費700万円自腹負担にもかかわらず、定員20人が1週間で埋まるなどのニュースも耳に新しい。

車内では、環境配慮のため、使用済みの天ぷら油を、ディーゼル燃料に混ぜて使用しているとのアナウンス。

今、各地で、廃油など植物燃料が、車の燃料(BDF:バイオディーゼルフュエル)として再利用されている。
京都市は先駆け的な自治体で、市内に約900か所もの回収場所を設け、市内のごみ収集車や市バスの燃料に利用している。
滋賀からはじまった”菜の花プロジェクト”は、全国的な取り組みに広がっている。

環境にやさしい行動をしたい、もったいない、の気持ちはたくさんの人が持っている。気持ちを行動に移すためには、簡単な仕組みが必要。使用済みの天ぷら油が、ごみ捨てと同じように、近場で気軽にできれば、もっとたくさんの人がやってくれるはず。捨てた油が、身近なところで再利用されるのを目にすれば、単純にうれしい。

桜と菜の花を眺め、廃油入り燃料のローカル列車に乗りながら、仕掛けの大切さを改めて実感。



何度でも使えるラップ

何度でも使えるエコラップを使っている。シリコンゴム製で、洗って繰り返し使え、電子レンジも、冷凍庫もOK。伸びるのでいろいろな大きさの食器に対応できる。表面がざらざらした食器だとツキが少し悪いが、ほかはどんな食器でもぴったりくっつく。つけるコツは、しっかり伸ばして、ふちを手で押さえることのようだ。3枚入りで定価2,415円。大サイズ1枚入りや、大中小入りもある。
null













”シリコンエコラップ”:三信ゴム商会
http://www.sunsin-gomu.com/products/colorful_ecowrap.html
使い捨てのラップは、捨てる度に「もったいないなー」と。プラスチック製のふたを使ったこともあったが、食器に密着しないのでいまひとつ。これは長く使えそうである。

加湿器のフィルターの汚れに落ち込む

暖かくなったので、冬にはかかせなかった加湿器を仕舞うことに。
水タンクや、水を含ませているフィルターをよく洗って乾燥。
そういえば、この冬はフィルターをちっとも掃除していなかったと思いながら、フタを開けてびっくり。ほこりがぼろっと落ちるぐらい汚れていた。
null
左側3分の1は掃除した部分

エアコンのフィルターが2週間たつと結構汚れているのだから、当たり前と言えば当たり前。もう少しまじめに掃除していたら、もっと省エネができていたのに、とちょっと落ち込みながら、掃除機で丁寧にほこりを吸い取った・・・。

ブログ最新記事
月間アーカイブ