ブログ

2010年05月

料理教室の先生向け勉強会にて(その2)

(前回からの続き)
(財)ベターホーム協会さんでの勉強会講師は、2日間で午前午後各1回、計4回させていただいた。2日とも用意してくださったお昼がおいしくて、きれいで、思わず写真を。
家庭料理なのだが、やっぱりプロが作った味、どこかが違う。栄養バランスもしっかりとれていそう。

20100528-3.jpg
自家製のぬか漬に、具だくさんのお味噌汁でした











お聞きしたところ、協会の職員の方がいつも召し上がっているお昼と同じとのこと。以前は料理教室の先生が交代で作られていたのだが、今は専属の方が作られているそうだ。
こんなおいしいお昼を毎日いただけるなんて、うらやましい。お昼ご飯がこうしたきちんとした食事だと、1日の栄養バランスがぐっとよくなる。

そういえば、体重計の会社タニタの社員食堂のレシピを紹介した本「体脂肪計タニタの社員食堂」が話題だ。1食500kcal以内に抑えられていて、これを食べている社員はすっきり体型であるらしい。

食に関する会社のお昼ご飯が、とても気になる。




料理教室の先生向け勉強会にて(その1)

昨日と今日は、料理教室で有名な(財)ベターホーム協会さんの勉強会で、省エネ・温暖化防止に関する講義をさせていただいた。

勉強会は、料理教室の先生を対象としたもので、月1回いろいろなテーマで開催されているとのこと。わたしは、このたび協会が作成した冊子「家庭でできるCO2削減読本」の販売に合わせて、暮らしの省エネ・温暖化についての講義をさせていただいたというわけである。

null

この冊子の前半は、温暖化の状況や、いろいろな行動がどれぐらい温暖化防止に貢献できるかがわかりやすく書かれている。後半は、保温調理、余熱調理、同時調理といった省エネ・CO2削減のレシピが豊富に掲載されている。

保温調理といえば、わたしはカレーぐらいしか知らなかったのだが、肉じゃが、ミートソースなどなどのレシピが満載。「むだなくおいしく」という囲み記事には、たとえば、ミートソースで使うセロリの葉っぱを活用するレシピも載っているなど、無駄なく食材を使うアイデアもあり、至れりつくせりである。



冊子は、定価300円。協会にあるお店で購入できるほか、300円分(送料込)の切手を協会に送付すると、郵送してくれるとのこと。詳細はこちら

さすが料理のプロが作った冊子、実用的でわかりやすい。

家電エコポイントの商品到着

3月下旬にポイントと商品の交換申請をし、まだかまだかと待っていた商品が今日到着。早速、買い替えた冷蔵庫にしまった。
null
北海道の無添加ソーセージセットと
氷見の旬魚一夜干しセット


昨年夏に冷蔵庫を買い替え、リサイクルポイントを合わせて11,000ポイントをGET。食い気の我が家は、雑誌「自遊人」が扱っている各地のこだわり食べ物と交換をした。

この冷蔵庫、300リットルクラスでは最も省エネ性能が高い製品。
買い替え効果を測定するため、これまで使っていた冷蔵庫と買い替えた冷蔵庫の消費電力量をそれぞれワットアワーメーターで計測した。
買い替え後の方が容量が3割アップしているにもかかわらず、1日平均で30%も省エネになった。

日ごろ、講演などで「買い替えは省エネ」と話しているが、実際に経験をして効果を実感している。



中学生に学ぶマイカップ

先日、環境問題を勉強する中学生と話をする機会があった。自分たちで考えた環境によいことについてのアイデアをまとめてきてくれた。そのうちの一つが、空き缶のポイ捨てがもったいないので、自動販売機の飲料は、缶入りではなく、ファミリーレストランのドリンクコーナーにあるような飲料サーバー式にすれば、というアイデア。さらに、買う時は紙コップではなく、マイカップで販売すればいい、というものだ。
飲料サーバーなら、わたしは居酒屋のビールサーバーを思いだすのに、ファミリーレストランで見たことがヒントになるとは、子供らしいと思いながら、アイデアに耳を傾けた。

コーヒーのサーバー式自販機は、オフィスや病院など屋内に設置されているのは見るが、屋外にはないようだ。やはり水道管を引くことは、手間やコストアップになるからだろうか。それに、ジュースの味のバリエーションが、昔からあまり変わっていない気がするが、需要が少ないからだろうか。持って歩く距離が長いと、不便かなあなどと考える。
(5月23日追記:テレビでサーバー式自販機を取り上げていたのを見た。設置には「喫茶店営業許可」が必要で、そのため屋内や軒下に限られているとのこと)

マイカップでしか売らないというアイデアもおもしろい。調べてみると、マイカップ用のサーバー式自販機は既に販売されていることがわかった。(たとえば、螢▲撻奪ス

マイボトルを持つようになると、忘れてしまった時にペットボトルを買わなければならないのが、とてももったいない気分になる。マイカップを使い始めると、紙コップを使うことに抵抗がある。マイボトル、マイカップがなければ飲み物を買うことができない、慣れの問題なのではと思う。


お勤め御苦労さまのシャツ

null
これでシャツ2枚分

これは、捨てる前の夫のシャツを切ったもの。時間があるときに、こうして10cm四方ぐらいに切って箱に入れ、流しのそばに置いておきます。

これで、鍋やお皿の油汚れを拭いてから洗うと、とても少しのお湯で洗うことができます。一度やりはじめると、ジャージャーとお湯を勢いで汚れを流すなんて、もったいなくてできません。

コツは、手の伸ばせばすぐ使えるように、流しのすぐそばに置いておくことです。

ブログ最新記事
月間アーカイブ