ブログ

2010年09月

ホテルのリネン取り換え

久しぶりに国内出張があり、ホテルに泊まった。
ベットサイドにはカードが。新しいシーツや枕カバーを使ってベットメイクをしてほしい場合には、このカードをベットの上に置く、というもの。置かない場合は、同じシーツなどでベットメイクされる。

null












バスタオルを取り替えてほしい場合に、バスタオルをバスタブの中に入れておくことや、カードを置いて合図をすることは、ずいぶん以前からあったが、シーツなどのリネン類でこのようなシステムがあるホテルに泊まるのは初めて。

ホテルでは、洗濯に使うお湯、乾燥に使うエネルギーが多いため、少しでも洗濯物が減れば省エネになる。

太陽光発電で省エネ意識が

昨日は、大学の同窓会で、仲間と久々に再会。
G君(茨城県在住)の自宅は、最近太陽光発電を設置したとのこと。6.6kWのパネルを設置とは、やはり豪邸だ。(3.5〜から4kWが多い)
設置間もないので、余剰分の電力会社からの買い取り額がいくらかはまだわからないが、発電量を示すパネルが家の中につくので、子供さんも一緒に「どのぐらい発電しているのかな?」と興味がわくようになったと。

太陽光発電を設置することで、省エネ意識が生まれる(強まる)という話はよく聞く。
太陽光発電によって発電した電気のうち、自宅で使用した残りは、電力会社が買い取っているから、省エネをするほど、たくさん買い取ってくれることになる。買い取り価格も、これまでの24円/kWhから、倍額の48円/kWhに上がった。

太陽光発電は「元がとれるか?」が話題になることが多いが、このような別のメリットがもっとアピールされてもよいと思う。


ブログ最新記事
月間アーカイブ