ブログ

2011年08月

新刊2冊出ました!(その3)

もう2冊とも書店にならんでいる頃なので、古巣の省エネセンターに本を届けに行く前に、八重洲ブックセンターに立ち寄ろうとしたところ、開店前・・・。
11時開店だったことを忘れていました。

こうして本が完成すると、執筆していたしんどく、長い、夢に原稿が出てくる日々を忘れてしまいます。

本は、執筆者だけでなく、編集者、イラストレーターさん、印刷屋さん、製本屋さん、販売担当者、書店の方など多くの方の共同制作物だということが、よくわかります。
みなさま、どうもありがとうございました。

新刊2冊出ました!(その2:「トコトンやさしい省エネの本」)

(その2)
『トコトンやさしい省エネの本』(日刊工業新聞社)

省エネのことを勉強しようと本屋さんをのぞくと、技術書がずらっと並んでいます。
わかりやすく書かれているものもあるようですが、
 やっぱり難しくて理解できない・・・
 細かく専門分野に分かれすぎている・・・
こんな経験をした方が多いのでは。

同じ経験をずっとしてきたわたしが、専門知識がなくても省エネについて学べる本を書きました。

はじめて省エネに関係する仕事に就いた方、省エネについて大まかに理解したい方にお役に立てる本なのではと思います。

オフィスでの省エネ、家庭での省エネのどちらにも触れています。
左ページは、図表やイラストなので、読みやすいと思います(といいのですが)。


新刊2冊出ました!(その1:「節電以前の省エネの常識」)

お盆明けに『年中使える 節電以前の省エネの常識』と『トコトンやさしい省エネの本』が発売されました!

(その1)
『年中使える 節電以前の省エネの常識』(講談社)

今夏の節電要請で、
 電気代が減った方:
   もっとできることはないかな?
   電気だけじゃなくてガスなど他のエネルギーも減らしたいな・・・
 電気代が思ったより減らなかった、または増えてしまった方:
   なんで減らないんだろう??

こんなみなさんのお役に立てる、いろいろな節電・省エネの工夫を紹介しています。
カツヤマケイコさんのイラストで、ぐっと親しみやすく楽しい読み物になっています。


ブログ最新記事
月間アーカイブ