ブログ

2012年09月

インターナショナルな試験会場

9月9日(日)、家電製品アドバイザーの試験を受験。
家電製品の仕組みや取り扱いなどの知識を問う試験で、主に家電店の販売員さんが対象の試験。
以前からこの試験の参考書は、仕事をする上でよく利用していて、いつか受験しようと思っていたのだ。
自己採点では無事合格のようだが、結果はいかに・・・。

会社でまとまって受験する人たちも多いよう。
わたしの席の右隣の女性(中国人のよう)と、左斜め前の席のアフリカ系の男性が、なんと中国語でおしゃべりしていてびっくり。
中国人の女性の前の座席の東南アジア系の男性と、わたしの左斜めうしろの男性は、タイ語でも、インドネシア語でもないけど、どこかの国の言葉でおしゃべり。

海外からの観光客は、家電を大量に購入してくれるので、家電店で現地の言葉ができるスタッフは貴重な戦力だろう。

熱心な会社は、こうやってしっかり勉強もさせているんだと感心しきり。
試験問題は、もちろん日本語である。
エアコンの蒸発器とか凝縮器とか、結構難しい単語も出てくる。
すごいですねー。










ブログ最新記事
月間アーカイブ