ブログ

2013年07月

再び、リサイクルショップで洋服を売る

長い間着ていない洋服を近所のリサイクルショップに売りに行きました。
2010年12月に持ち込んで以来のこと(太らないエコ 着ない洋服をリサイクルショップに売る)です。

今回は、夏物ばかりで以下の6点。
・SONIAのノースリーブとカーディガンのセットアップ
・ANAYIのチュニック
・Ballseyのスカート
・UNSPECKのスカート
・TRUSSARDIのスカート
どれも、太って着られなくなったもので状態のよいものばかり。

買取価格は全部で105円でした(!)。
安いことはもちろん承知で、必要な誰かに着てもられば、捨てるよりいいぐらいの気持ちで持ち込んだのですが、想像していたよりもかなり安くてびっくりしました。

「太らないエコ 着ない洋服をリサイクルショップに売る」を見ると、そのときは12点で3,640円で買取りだったので、それに比べると相当安くなっているようです。
お店の方いわく「今、新品の洋服でも売れなくて・・・。だから安い値段をつけて売っているんです。」と。
さらに「最近の人、スカートはかないんですよ」とも。確かにスカートをはく人は減っているかも・・・。

そう聞いてからお店で売られているスカートを見ると、「委託販売」(売った本人が値段をつけている)と思われるもの以外は、500円、1,000円ぐらいの値段がついたものが多いようです。

買う側にとって値段が安いのはうれしいですが、売る側の立場を考えると喜んでばかりいられません。これは商売全体に言えること。

少しでもきれいな状態で持っていこうと、昨日暑い中アイロンかけたのになあ・・・。

ブログ最新記事
月間アーカイブ