ブログ

ハノイ・バンコク出張

昨年12月にハノイとバンコクに出張しました。

20150108-052-2.jpg
写真は、ハノイで泊まっていたホテルの食堂のシャンデリアです。
白熱灯ではなく、電球型蛍光ランプです。
カバーがなく蛍光管が渦巻きになっているタイプで、このシャンデリアにははっきりいって合っていませんが、これだけの数なので結構な省エネになっているはずです。




12月のハノイは想像以上に寒く、外にいるときは薄いコートだけでは足りず、インナーダウンも着て過ごしました。

次に行ったバンコクも、それほど暑さが厳しくなく、ハノイの寒さと比べると過ごしやすかったぐらいでした。
タイの人いわく「タイにも季節がある。Hot, Hotter, Hottestの3つ(笑)」とのこと。12月は”Hot"シーズンなのでしょうか。

室内は、相変わらず冷房が効き過ぎでした。
長袖ワンピースと夏用のジャケットだけでは震えてしまい、首にストール、膝にインナーダウンにかけての仕事でした。

インナーダウンは、飛行機で羽織るためにもっていたのですが、両国で思いがけず大活躍しました。

タイで配布されている省エネのリーフレットを見ると、冷房設定温度の目安は「24−26℃」とあります。
日本の28℃よりもずいぶん低いです。
実際の室温はもっと低そうな感じです。

11月末に日本に来ていたタイの方は「日本での室温は自分には少し暑かった」と言っていました。日本の暖房の設定温度の目安20℃は、わたしにとってはすこし寒いぐらいなのですが・・・。

そういえば、わたしがストールにひざ掛けをして震えながら出ていた会議で、タイの人たちはほとんどが長袖シャツ一枚でした。
からだの作りが違っているようです・・・。
次回行ったときは、この辺もヒアリングしてきたいです。





2015.01.08
ブログ最新記事
月間アーカイブ